楽しい時間を

映像で過ごす・・・・

神代植物園(2)

kanjiさんの写真仲間の写真展を鑑賞した後、TAKT会メンバーの撮影会で今回は調布の神代植物園に行きました。(chosan)
梅雨の晴れ間で天気にも恵まれ、多くの美しい花・珍しい花に出会えました。
この時期はやはり紫陽花と菖蒲(あやめ、カキツバタ)が見ごろでした。
20170618chosan1.jpg20170618chosan2.jpg20170618chosan3.jpg
20170618chosan4.jpg20170618chosan5.jpg
鮮やかな新緑(⑥)も癒されます。バラは少見ごろが過ぎていましたが、今回はマクロレンズで黄色などの単色のグラデーションを強調した作品を狙ってみました。
20170618chosan6.jpg20170618chosan7.jpg20170618chosan8.jpg
睡蓮も見ごろで、今回は水面上の実像と水面に映った虚像のペアーの構図で撮影しました。
20170618chosan10.jpg20170618chosan12.jpg20170618chosan13.jpg
また今回は植物の様々な形態・模様等についてレンズを通してみてみました。一般的の花は花芯を中心としてその周りに規則的な花びらが配置されています。(⑫)ただし、⑬⑭のように花のエレメントが垂直方向に配置されるものもありました。
20170618chosan14.jpg20170618chosan16.jpg20170618chosan15.jpg
また、サボテンの造形とエレメントの緻密な配置(⑰)には驚きを感じます。
20170618chosan17.jpg20170618chosan18.jpg20170618chosan19.jpg
花弁と同様、葉の形状・色彩・模様に多種多様なものを見つけました。
20170618chosan21.jpg20170618chosan22.jpg20170618chosan23.jpg
今回の撮影で、自然界が創造する造形の多様性に驚くとともに人工物では創造できない造形にますます魅力を感じました。
撮影会の最後は名物の深大寺そばで絞めて、楽しい一日でした。

神代植物園の薔薇

 珍しく24-85㎜ズームの出番。マクロでなく、レンズも暗くてボケを楽しむって感じでもなく、ただ購入当時透明感が優れているとの謳い文句でした。今日は接写よりも風景を楽しもう
               20170616hara (1)  20170616hara (2)
                              ①                ②
 あちこちに、黙々と花の手入れをする人達がいました。来場者により良い状態で見てもらおうと、手を休めません。お陰でいつも素敵な花の姿を見ることができます。

          20170616hara (3)  20170616hara (4)
          ③-④撮影の邪魔だなんて言ってはいけませんね。彼らも風景のうち

20170616hara (5)  20170616hara (6)  20170616hara (7)
  ⑤-⑦その仕事ぶりをみると、周囲との佇まいに気配りしていることが分かります。

       20170616hara (8)  20170616hara (9)  20170616hara (10)
          ⑧-⑩もちろん一輪一輪、一株一株への思い入れも半端でなく

              そして
                  20170616hara (11)  20170616hara (12)
                  ⑪その素晴らしい成果に・・・・⑫目を見張るコンセント君
 
薔薇以外の風景です
     20170616hara (13)  20170616hara (14)  20170616hara (15)
      ⑬アヤメ            ⑭ここにも手入れの人    ⑮これは場外、手入れなし

                                    神代植物園でした(haharazzi)。

竹灯篭祭り

地元の先輩に誘われ県西部にある中井町で開催された“厳島湿生公園『竹灯篭祭り』”に行ってきました。(jun)
20170527 AI ①20170527 AI ②20170527 AI ③
まず行く途中、新幹線の撮影スポットに数か所寄り道して行きました。①は、本来手前に田んぼが広がっているんです。田植えが終わり、空の映り込みを入れて新幹線を撮る予定でしたが、まだ水も張られていなかったために空を大きくしました。この撮影スポットは、新幹線を撮る人たちにとっては有名なところのようです。皆さんこの写真を見てわかります?それと新幹線の鼻のところに富士山がうっすらと見えるのわかります?②③は左手奥がトンネルなんです。茅をかき分けて土手の上へあがり撮りました。電柱、架線、茅と邪魔なものがあるので少し暗くしました。

④~⑨が竹灯篭祭りの様子です。
20170527 AI ④20170527 AI ⑤20170527 AI ⑥
日が沈む前の湿生公園全景④と日没後の様子を⑤⑥。
20170527 AI ⑦20170527 AI ⑧20170527 AI ⑨
ボランティアによる点灯の様子⑦⑧⑨を。

≪番外編≫
20170529 AI ⑩20170529 AI ⑪
⑩は、昨年初めて挑戦した蛍です。昨年は6月の初めでちょっと遅かったので今年は5月29日に挑戦しました。ところが蛍の数が少なくこの程度しか撮れませんでした。⑪は、新しく入手した合成ソフトを使って昨年のデータを改めて合成し直してみました。⑩も同じソフトです。どちらも10数枚の写真を合成しています。

江戸の藤

江戸の藤
aiさんyokoさんの足利フラワーパークの藤に圧倒されてしまいとても見せられたものではないのですが、亀戸天神の藤も見てやってください(haharazzi)。
         201705hara (1) 広重えがく大江戸フラワーパーク

この花は形があるようでないようで、どこに狙いを定めればいいやら
それに高貴な色・紫(藤色)も発色は割と地味で、背景に気を使ったりWBを変えてもみたり
             201705hara (2)201705hara (3)🉂

201705hara (5)🉁 201705hara (6)201705hara (7)

   201705hara (8)201705hara (9)201705hara (10)

           結局のところ日本情緒がいちばん似合うようで
           201705hara (11)201705hara (12)

                        201705hara (13)(十一)
                      見つけた!広重のアングル



トライアスロン

横浜山下公園を中心に≪2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会≫が5月13、14日に開催されました。13日はエリートの部、14日はエイジの部(私も良く理解できていませんがエリートは、オリンピック選手やそれを目指している選手たち、エイジは趣味でやっている選手のようです)で今年はエイジの部を見に行ってきました。スイム(水泳)に始まりバイク(自転車)、ラン(ランニング)と続きますが今年はバイクを中心に撮って来ました。(ai)
20170514 AI ①20170514 AI ②20170514 AI ③
山下公園前の銀杏並木①を疾走、ホテルニューグランド②③前を折り返す選手たち。

20170514 AI ④20170514 AI ⑤20170514 AI ⑥20170514 AI ⑦
折り返し点でスピードが落ちたところ④~⑦をねらいました。シャッタースピードSは1/1000~2000秒です。


20170514 AI ⑧20170514 AI ⑨20170514 AI ⑩
銀杏並木の直線部を疾走する選手を流し撮りで⑧⑨⑩。Sは、いずれも1/30秒です。

20170514 AI ⑪20170514 AI ⑫20170514 AI ⑬20170514 AI ⑭
昨年この場所で給水する選手の様子でいい写真が撮れました。夢よもう一度、と挑戦しましたが昨年に勝る写真は撮れませんでした。Sは1/2000秒前後です。

20170514 AI ⑮20170514 AI ⑯20170514 AI ⑰
帰り際象の鼻公園のお花畑越しに赤レンガ倉庫を2通り⑮⑯(ピントを前・後)の方法で撮りました。MM21の汽車道から日本丸⑰を。屋形船は、以前whitetongさん、smallwoodsさん、kanjiさんが乗られた船ではないですか。