楽しい時間を

映像で過ごす・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸東京たてもの園(2)

『江戸東京たてもの園』の“紅葉とたてもののライトアップ”をTAKT会の仲間と見に行ってきました。
週末と言うこともあり園内は家族連れ、カップルで一杯でした。昼間の状況は、当ブログ2014年10月の≪“遠い昔の・・・・” ≫ と ≪“遠い昔の・・・・(2)” ≫をぜひご覧ください。(ai)
20161126 AI ①20161126 AI ②20161126 AI ③20161126 AI ④
下町中通り①②と園内唯一?の洋館デ・ラランデ邸③、建築家・前川國男邸④を。

20161126 AI ⑤20161126 AI ⑥20161126 AI ⑦20161126 AI ⑧
下町中通りの商店⑥⑦⑧を。⑤は、懐かしいホーロー?の看板を撮りました。昔これをそり代わりにして雪の上で遊んだものです。⑧の中央に三脚を構えたどなたかが写っていますね。

20161126 AI ⑨20161126 AI ⑩20161126 AI ⑪20161126 AI ⑫
万世橋交番⑨、都電⑩、和傘問屋⑪、子宝湯⑫です。交番のお巡りさん、ボランティアとは言え寒い中ご苦労さんです。

20161126 AI ⑬20161126 AI ⑭20161126 AI ⑮20161126 AI ⑯
常盤台写真場の窓に映し出された⑬⑭切り紙細工。暗闇に浮かび上がった“旧自証院霊屋”⑮と“天明家”暖炉⑯を遠望。

Comment

smallwoods says... "江戸東京たてもの園(2)"
aiさん、こんにちは。
さすがにこの場所に何度も行かれているだけあって、写真がこなれていますね。
また、ところどころに見かけた人の後ろ姿やシルエットがあったりして、わかる人が見るとわかる楽しさが感じられます。
交番のおまわりさんも大分時代がかったった方が立っておられ、雰囲気抜群ですね。
⑩の都電は結構新しい車両のようで、つい最近まで早稲田あたりを走っていたような記憶がります。
⑮の旧自証院霊屋は、どんな建物なのですしょう。カラフルで、東照宮などと同じ時代のものでしょうか。
2016.12.01 15:11 | URL | #- [edit]
kanji says... "江戸東京たてもの園(2)"
aiさん、かないません。
同じ所で同じように撮っているのに違いを感じます。
aiさんの写真を見ているとスッキリします。
何が小生の写真と異なるのかジックリ見てみました。
大きな違いが2点見つかりました。
1点目/水平・垂直がカッキリきまっている。
2点目/露出(補正?)がバッチリで写真の明るさが絶妙。
小生、もっと勉強します。まいりました。
2016.12.01 16:57 | URL | #- [edit]
sacchann says... "江戸東京建物苑(2)"
コメントがまたまた遅くなってしまいました。建物園のライトアップ、足元が暗くて心配でしたがとても楽しかったです。aiさんの写真はいつも人の姿を素敵に入れて写真が生き生きしています。昭和の建物と夜の灯りが懐かしく、温かいです。2年前の写真は同じ建物、家の中もほとんど同じなのにまったく違って見えます。夜と昼、写真を撮る時の光の凄さ、楽しさを感じました。春になったらお花見を兼ねてまた建物園に行ってみたいですね。
2016.12.08 09:44 | URL | #- [edit]
haharazzi says... "江戸東京たてもの園(2)"
2年前のブログ「遠い昔の・・」から見直しました。昔を知ることと、そこから新しいものが発見できるというのは楽しいことです。aiさんには、この公園の昼と夜の両方の姿を克明に撮っていただき感謝です。
比べると昔を知るにはやはり昼間の方がよさそうで、夜のライトアップは若干ショウアップ的な意図が強いですね。夜の場合⑦⑧⑯のように外部から室内の様子が伺える写真が好きですが、昔の室内はもっと暗く、日本家屋は開放的なだけに、見ないつもりでも他人の生活を覗いてしまうという記憶があります。その秘密めいた感覚が懐かしいのですが、この照明ではあっけらかんとしちゃいます。
都電の色は、私の記憶では30年代前半に緑からクリームに。さらに5年位たってから⑩のように黄色味が濃くなったらしいです。ただその時はまだヘッドライトは1つ。smallwoodさんご指摘のように荒川線だけ残った頃(我々が入社して以降)からライトが二つになったようです。そのころはもう「南佐久間町」という電停もなかったはず。もうちょっと時代考証をしてほしいですね。因みに”三丁目の夕日”では丁度変わり目の時代で両方の色の都電の色を走らせているという凝りようだそうです。
とても楽しい写真でした。
2016.12.08 14:14 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://whitetong.blog122.fc2.com/tb.php/847-eb56f2fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。