楽しい時間を

映像で過ごす・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒中神輿錬成大会(2)

Smallwoodsさんと“江ノ島寒中神輿錬成大会”へ行ってきました。このところ毎年のように行っているため恒例になった感があります。でも今年は、何とか今までと違った撮り方をしたいと意気込んで昼間の晴天なのに三脚を持って出かけました。その成果は如何に?(ai)
20170115 AI ①20170115 AI ②20170115 AI ③20170115 AI ④
祭の状況を歩道から望遠で撮ってみました。祭開催前①②、いざ海へ③、海からあがって終了の手締め④を。

20170115 AI ⑤20170115 AI ⑥20170115 AI ⑦20170115 AI ⑧
いつもながら祭りには背を向け浜辺で遊ぶ子供⑤、準備万端海に入っての撮影⑥、何とか海に入らずに神輿を狙うカメ爺⑦⑧たちを。
20170115 AI ⑨20170115 AI ⑩20170115 AI ⑪20170115 AI ⑫
今回の挑戦の成果⑨~⑫です。家内からは“これピンボケ?”と言われました。狙い通りにはいきませんでしたが、私の狙いわかります?年明けに開催された写真展に三社祭でしょうか?大勢の担ぎ手と観衆がピターっと止まっていて、中央の神輿がぶれている写真が出ていたんです。ぜひこれと同じように撮りたいと挑戦しましたが、やっぱり難しかったです。次回何かで再度挑戦したいと思っています。

≪番外編≫
20170115 AI ⑬20170115 AI ⑭20170115 AI ⑮20170115 AI ⑯
このところ恒例になりました箱根駅伝の復路7区(二宮駅)に3日出かけました。⑬のアングルから素晴らしい場所取りとわかっていただけるでしょうか?トップで来た青学⑭、この後ちょっとペースが落ちたようですね。今年は場所取りは良かったんですが腕の方が追い付かず良い写真が撮れませんでした。最後は地元での出初式の様子を。バックが青空であって欲しかったんですが残念ながら曇天のためさえない絵になってしまいました。

Comment

smallwoods says... "寒中神輿錬成大会(2)"
aiさん、こんにちは。
先日はお疲れさまでした。
新しいカメラでの挑戦、さすがですね。
常に何か新しい挑戦など目標を持って取られるというのは素晴らしいでことです。
私など、その場に行くと、ただただシャッタを切っているだけで中々新しい技に挑戦ができていません。
⑨⑩⑪などはなんとなく神輿がブレていて、挑戦の兆しが見て取れます。
後は場数を踏めばいいだけですね。

箱根駅伝、⑬のように正面からランナーを狙える位置があるんですね。素晴らしい!
都内に入ると結構直角に曲がるコースがあるのは気が付いてはいましたが、二宮近辺にもあるとは知りませんでした。
今年も、いろいろなところに出かけて撮りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

2017.01.17 14:22 | URL | #- [edit]
chosan says... "寒中神輿錬成大会(2)"
aiさんの新年早々のフットワーク、さすがですね。箱根駅伝、TVの実況中継を見ながら、選手よりもaiカメラマンは今年はどこに出没するか目を凝らして探していました。確か昨年は小涌園のカーブでしたね。今年は⑬のように真正面から撮れる場所をよく見つけましたね。寒中錬成会では、②の賑やかな神輿とその後ろにチラット映っているウインドサーフィンが江の島らしい構図で気に入っています。⑨~⑫のチャレンジ、確かに難しいそうですね。でもこれにチャレンジしようとする前向きの姿勢は、さすがaiさんだと思います。このようなチャレンジ精神が上達につながるのですね。新年早々良い勉強をさせていただき、有難うございました。
2017.01.21 22:23 | URL | #- [edit]
ai says... "寒中神輿錬成大会(2)"
Smallwoodsさん、chosanさんコメントありがとうございます。
箱根駅伝に関してSmallwoodsさんも流鏑馬の時に苦労されたかと思いますが、直線では、前の人が乗り出して被写体を狙うのが難しいですよね。そこで直角に曲がるところがあればいいんですがなかなかそのような場所は有りません。そこで道路がゆっくりとS字に曲がったところを狙うんです。それと一般の人はどうしても目の高さでカメラを構えますよね。そこでこちらは、しゃがみ込むんです。縁石に腰掛けるような状況です。それともう一つノウハウがあるんですが文字ではなかなか難しいので今度お会いしたときにお伝えします。
chosanさん、過去に何度も箱根大平台のヘアピンカーブのところに陣取ったことがあります。最近は箱根まで行くのが・・・・・。そこで近年は二宮でお茶を濁しています。寒中神輿について“ウインドサーフィンが江の島らしい構図”とのコメントを頂きましたが、確かにウインドサーフィンを意識して撮りました。これがあれば何となく江ノ島とまではいかないまでも、若者が集まるところなんだな、と思えるかと思いました。
最後になりましたが⑨~⑫について。シャッタースピードは、4枚とも1/10~1/20秒です。スローシャッターで撮るため三脚を持って行きました。ここまで遅いと一部が止まって、という画面にはならないんでしょうね。もう少し早くすべきだったのかも?と思っています。次回に期待です。
2017.01.22 20:25 | URL | #- [edit]
sacchann says... "寒中神輿錬成大会(2)"
aiさん!2017もアクティブにカメラLIFE開始ですね。私は明日のTAKT会から開始です。よろしくお願いします。
①の迫力が凄いです。手前の群衆がクリアーに写っていて、後ろの神輿・提灯が焚火の煙にかすみ、その後ろに広がる海に浮かんだウインドサーフィンの5人サーファーが、かすんでいる人からクリアーな人まで動きがとっても面白いと思いました。写真全体を見て、まるで絵画を見ているようです。
三脚でシャッター速度を遅くして撮るとお神輿に乗った人の動きがぶれて迫力が出てくるのですね。また色々試していただいて勉強させてください。
箱根駅伝の⑬のアングル凄いですね。執念ですね!⑮の先導のバイクの警察官に焦点が合って、かえってちょっとぼけた後ろのランナーの息遣いが伝わってきます。
箱根駅伝、錬成会、出初式、今年になって半月しかたたないでこれだけ写されて凄いです。今年も色々素敵な機会をよろしくお願いいたします。
2017.01.24 12:52 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://whitetong.blog122.fc2.com/tb.php/864-65112b28
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。