FC2ブログ

楽しい時間を

映像で過ごす・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節分&立春

節分の3日には、江ノ電江ノ島駅の近くにある常立寺、龍口寺へ、立春の4日にはよみうりランドへ行ってきました。(ai)
20170203 AI ①20170203 AI ②20170203 AI ③
Smallwoodsさんと龍口寺の節分会でお会いする前に近くの“常立寺のしだれ梅”を見に行きました。山門脇にある六地蔵さんとちょっと時期を過ぎてしまったしだれ白梅を①。白梅の蜜を求めてきた“めじろ②③”を望遠で狙ってみました。③はちょっとピンが甘くなってしまいました。

20170203 AI ④20170203 AI ⑤20170203 AI ⑥
龍口寺の“水行”を。⑤⑥は、連写で撮ったものです。シャッタースピードは、④で1/2000秒、⑤⑥で、1/3200秒の高速です。

20170203 AI ⑦20170203 AI ⑧20170203 AI ⑨
帰りに江ノ島から鵠沼海岸方面へchosanサーファーを探しながら散策を⑦⑧。Smallwoodsさんのアルバムの最後に“平和の塔”を撮っているカメ爺が写っています。その成果が⑨です。 はとのくちばしの先に小さく見えるのが月です。

20170204 AI ⑩20170204 AI ⑪20170204 AI ⑫
4日土曜日、翌日が雨と言う予報のためかカップルや家族連れで混みあっていた“よみうりランド”へ一人寂しく行ってきました。日没直後の観覧車⑩、観覧車のアップ⑪(上に見えるのは月です)、回転遊具の軌跡⑫を。

Comment

smallwoods says... "節分&立春"
aiさん、こんばんは。
先日は、ありがとうございました。
常立寺の目白、さすがに大きいレンズで抑えただけあってきれいに撮れていますね。
aiさんは高速シャッタで、私はスローシャッタで撮りそれぞれ同じ場所で同じアングルで写していてもかなり飛沫の感じが違いますね。感じ方は人それぞれのようですが。
帰りの平和の像のハトが月をついばんでいるようなアングル、全く気が付きませんでした。後で教えていただいて、なるほどと思ったのですが、後の祭りでした。
翌日はよみうりランドへ行かれたとのこと。どなたかとご一緒かと思っていましたが、単独行でしたか。なかなか一人でああいった場所に行くとほかの人の流れに流されて噴水のあるプールの方へ行かれるのではないかと思いましたが、あまり他の人は行かなかったんでしょうか。
今週あたりで大井松田の桜を見に行きたいと思っています。
2017.02.06 20:07 | URL | #- [edit]
sacchann says... "節分&立春"
節分&立春を過ぎ十日!やっと春になってきました。またまた遅くなってすみません。
年が明けて一か月しかたっていないのに、aiさん、smallwoodsさんの行動力には脱帽です。
aiさんの石仏の撮り方はいつも優しくて大好きです。梅の花満開で赤い帽子が輝いています。梅にめじろ、究極の春の写真ですね。満開過ぎたという梅もバックにぼかすと満開の一番良い時期のように見えます。
水行の水の高速シャッター、特に⑤の水の塊は迫力満点です。⑫の回転遊具の軌跡もです。こんな風にシャッター速度を自由に使いこなせたら素敵です!憧れです。
⑨の平和の塔は、smallwoosさんの写真と比較して見ました。全体の構図とこの位置で撮るとこういう写真になるんですね。月をついばむ鳥も楽しく、今回の写真も色々勉強させていただきました。
2017.02.14 08:52 | URL | #- [edit]
haharazzi says... "節分&立春"
④はいいショットですね。シャッター速度を記していただいたのでよい参考になります。何かに書いてありましたが、人間の目には残像があるので1/60秒が肉眼の見え方に近いとか。だから1/2000は、水行のあのバシャーと水をかぶる実感とは違った、飛沫の感覚の面白さですね。1/3200になるとさらに異質の異次元の感じで面白いものですね。話は違うけれど優秀な野球選手はボールが止まって見えるというけれど、こういうに見えるのかしら?
②は梅に鶯ならぬメジロですが、ぴったりはまりましたね。流石の腕前です。③のピンが甘いというのは、微ブレとは考えられませんか?
2017.02.17 21:35 | URL | #- [edit]
ai says... "節分&立春"
皆さんコメントありがとうございました。
水行について、同じ場所からsmallwoodsさんはスローシャッターで、私は高速シャッターで撮りました。それぞれ全く異なった狙いで撮った写真を比較するのも面白いものですね。smallwoodsさんの“感じ方は人それぞれのようですが”とのコメントのように、見る方々もさることながら撮った本人たちもその時々の感じ方でいずれの狙いにするかを決めるわけでどちらが正解と言うものでもないですよね。haharazziさんのsmallwoodsさんへのコメントにあったようにスローにすると確かにバックの処理が難しいですね。
Sacchannさんのコメントにあった“シャッター速度を自由に使いこなせたら”なんて無理・無理です。絞りを開放にしたりISO感度をあげて撮っているだけです。
Haharazziさんのコメントにあった“異質の異次元の感じ”ですがシャッタースピードを高速にしたり低速にしたりすることによって目に見える景色と違った景色が見えますよね。これもまた写真の面白み・楽しみではないかと感じています。③について“微ブレ”では、との暖かいお言葉を頂きありがとうございます。確かにS=1/200秒では、あのようになってしまうんでしょうね。それもまた動きがあったいいのかな?でもメジロの目をピシーっと決めたかった。
2017.02.19 20:19 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://whitetong.blog122.fc2.com/tb.php/870-51c34474
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。