楽しい時間を

映像で過ごす・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神代植物園の薔薇

 珍しく24-85㎜ズームの出番。マクロでなく、レンズも暗くてボケを楽しむって感じでもなく、ただ購入当時透明感が優れているとの謳い文句でした。今日は接写よりも風景を楽しもう
               20170616hara (1)  20170616hara (2)
                              ①                ②
 あちこちに、黙々と花の手入れをする人達がいました。来場者により良い状態で見てもらおうと、手を休めません。お陰でいつも素敵な花の姿を見ることができます。

          20170616hara (3)  20170616hara (4)
          ③-④撮影の邪魔だなんて言ってはいけませんね。彼らも風景のうち

20170616hara (5)  20170616hara (6)  20170616hara (7)
  ⑤-⑦その仕事ぶりをみると、周囲との佇まいに気配りしていることが分かります。

       20170616hara (8)  20170616hara (9)  20170616hara (10)
          ⑧-⑩もちろん一輪一輪、一株一株への思い入れも半端でなく

              そして
                  20170616hara (11b)  20170616hara (12)
                  ⑪その素晴らしい成果に・・・・⑫目を見張るコンセント君
 
薔薇以外の風景です
     20170616hara (13)  20170616hara (14b)  20170616hara (15b)
      ⑬ハナショウブ        ⑭ここにも手入れの人    ⑮これは場外、手入れなし

                                    神代植物園でした(haharazzi)。

Comment

smallwoods says... "神代植物園の薔薇"
haharazziさん、おはようございます。
早々にTAKT会での成果、掲載いただき、ありがとうございます。
接写も確かにいいのですが、どこか出かけたときは、やはり周りの景色を取り入れないとどこで撮っても同じ写真になってしまいますよね。
①、③、④などはその点景色も取り込まれていて、良いと思います。
接写に近いバラでは⑨のバラが炎のような感じでいいですね。v-424
神代植物園のアヤメ(?)ですか、これから見ごろを迎えそうですね。
お疲れさまでした。
2017.06.18 09:52 | URL | #- [edit]
haharazzi says... "神代植物園の薔薇"
smallwoodsさんコメントありがとうございます。まずはアヤメ(?)の婉曲なご指摘痛み入ります。正解は、花弁に黄色の目型でハナショウブですね。アヤメは花弁に綾目模様、カキツバタは白色の目型、また五月の節句の菖蒲は別種ですね。
2017.06.18 18:25 | URL | #- [edit]
jun says... "神代植物園の薔薇"
Haharazziさんお疲れ様でした。
②の雲とバラ、左側のバラ高さが強調され引き立っていますよね。⑫のコンセント、よく目が行きましたね。通常は避けますが、ユーモラスに感じました。
⑬の太陽の映り込み、初夏を感じるいいアングルですね。
何度か行ったことのある撮影スポットでは、≪今日は接写よりも風景を楽しもう≫と言うように目的をはっきりさせるといいですよね。いつもいつも同じ写真のオンパレードになることが多く参考になりました。
2017.06.20 11:30 | URL | #- [edit]
sacchann says... "神代植物園の薔薇"
今回のテーマは撮りながら構想をまとめて行かれたのでしょうか?私は、季節の花を見るとただ夢中になってシャッターを押してしまいますが、ゆっくり見て、考えて撮るようにとしないと。良い勉強になりました。
接写より風景、と言っていらっしゃいましたが、⑤⑧⑨の薔薇はとても不思議で魅力的です。
コンセント君は流石です、花たちを見張っていますね。よく整備された植物園はいつ行っても素敵です。


2017.06.23 22:01 | URL | #- [edit]
haharazzi says... ""神代植物園の薔薇""
 コメントありがとうございます。
 それほど明快に目的を決めているわけではありませんが、持っていくレンズによって、狙いどころも変わります。単焦点なら画角の違いで撮る姿勢が変わり、ふだんは28㎜と50㎜の2本を持参します。
 今回は交換が面倒なのでズーム1本にしましたが、マクロの様には接写できないので背景とか風景を意識しました。ただ、このレンズあまり使いこなせていないんです。ズームだと的を絞りにくいのと、鮮明だけれど立体感とか奥行き感がいまいちで、なかなかハッとするような切取りのできない自分の力不足を感じます。
 私自身は、新鮮な花、枯れゆく花、枯れた花を暗い背景に収めた⑩がこのレンズらしい発色で気に入っています。
2017.06.24 09:55 | URL | #- [edit]
chosan says... "神代植物園の薔薇"
接写よりも背景に溶け込んだバラの美しさが伝わる写真ですね。花といえば接写ばかりしているので、いい勉強になりました。特に②のピンクのバラと青い空・白い雲、いいですね。個人的には⑬のハナショウブと水面に映る雲とのコラボが構図的にも素晴らしいと思います。最後のコンセント君もよく見つけましたね。面白いです。
2017.06.27 22:02 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://whitetong.blog122.fc2.com/tb.php/895-47eb3025
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。