楽しい時間を

映像で過ごす・・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二つの世界遺産

先日、仕事で広島に出向きました。この機会に二つの世界遺産を訪れました。(chosan)
20170904chosan01.jpg20170904chosan04.jpg20170904chosan05.jpg
最初に「原爆ドーム」を訪れました。
72年前の原爆により辛うじて残った原爆ドームの悲惨な姿が現在も手厚く保存されています。
20170904chosan02.jpg20170904chosan03.jpg20170904chosan07.jpg
原爆ドームに近接した広島平和記念公園内にある丹下健三設計の広島平和記念資料館は残念ながらリニューアルの工事中のため入館はできませんでした。丹下健三の設計では、この資料館および鞍型をした記念碑のセンターを結ぶ直線の延長上に原爆ドームが配置されるように設計されています。記念碑の石碑には犠牲者を弔う有名な「安らかに眠って下さい、過ちは繰り返しませぬから」が刻まれていました。(⑥)
20170904chosan06.jpg20170904chosan08.jpg
平和公園の片隅にあるモニュメントの足元には折紙の千羽鶴が、また近くの地面にも修学旅行の高校生が今しがた折った青い折り紙の鶴が添えられていました。(⑦)原爆ドームの前を横切る遊覧船(8)、対照的な現代の平和の情景です。
20170904chosan09.jpg20170904chosan010.jpg20170904chosan011.jpg20170904chosan012.jpg
次に広島市内から一時間ほど電車に揺られて世界遺産である宮島の厳島神社に参拝しました。⑨はフェリーで宮島に向かう途中、フェリーの船上から宮島を捉えました。
20170904chosan013.jpg20170904chosan014.jpg20170904chosan015.jpg
ご存知のように厳島神社は、平清盛が神の島である宮島に極楽浄土を再現して建立した神社です。海中に浮かぶ朱塗りの大鳥居、回遊式の本殿など、さすがに「日本三景」の一つに数えられる景観は見事なものです。⑮の鹿はここでは神の使いとして手厚く保護されています。

Comment

smallwoods says... "二つの世界遺産"
chosanさん、おはようござます。
真夏のこの暑い時期に広島へ行かれたんですか。
良いお天気でよかったですね、とはいえ、暑かったのでは。
原爆ドームは何度か訪問いたしました。
厳島神社は1度だけ、やはり仕事のついでで土曜日の午後に行った記憶があります。
土曜日の午後でしたので大勢の観光客でごった返していて、神社の中までゆっくりと拝観することができませんでした。朱色の回廊がきれいですね。
また機会があれば行ってみたいと思います。
2017.09.05 09:01 | URL | #- [edit]
jun says... "二つの世界遺産"
Chosanさん、学会お疲れ様でした。暑い中平和公園、厳島神社へ足を延ばされ大変だったのでは?錦帯橋へは行かれなかったんでしょうか?
恥ずかしながら5年ほど前初めて平和公園へ行きました。テレビで何度も見ているし、書物でもそれなりに、そして丹下健三の設計などなど、知識も持ち合わせているつもりでした。最初に原爆ドームへ行きました。その下に佇んだ時のことを今でも忘れられません。自然と涙が出てくるんですよね。3.11の被災建物を残す、残さない、の議論がありましたよね。難しい問題ですね。
厳島神社の大鳥居、先人の知恵がいろいろと詰まっているようですね。その一つとして最上段の箱状横材の中に浮力対策として石が詰まっているそうです。
前回の軽井沢といい、今回の平和公園、厳島神社、また行きたくなりました。
2017.09.05 10:41 | URL | #- [edit]
chosan says... "二つの世界遺産"
コメントありがとうございます。smallwoodさんのコメント通り、当日は雲一つない秋晴れでした。お蔭で宮島では、青い空と海・白い砂浜そして赤い大鳥居のコントラストが最高でした。残念ながら錦帯橋は時間の関係で行けませんでした。
junさんのご専門の建築構造に関する、厳島神社の大鳥居の先人の知恵のコメント、さすがですね。この大鳥居にはこれ以外に、例えば使っている木の樹種が、比重が大きくて水にも害虫にも強い樟(クスノキ)が使用されているそうです。また、鳥居の水平方向の梁と垂直方向の柱の仕口(接合部)は貫(柱材に施した梁型の長方形の貫通孔)と木製の楔(クサビ:三角形の形をした貫の隙間を埋める部品)を用いた堅固な剛接合部であり、わが国の木造建築には珍しいにはラーメン構造(接合部が堅固な剛接構造の総称)です。このラーメン構造の木造建築はこれ以外に京都の清水寺の舞台の懸崖造り(ケガイツクリ)が有名です。また一番上の梁および4本の側柱の上には傘のような部品がりますが、これは雨から鳥居を守るための工夫です。以上かなり専門的なコメントになってしまいましたが、いずれにしても我が国の伝統的木造建築に関する「先人の知恵」は大したもので、建物そのものの保存以外に、このような技術を継承していく必要があると痛感しました。
2017.09.09 10:50 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://whitetong.blog122.fc2.com/tb.php/924-2c2de505
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。